HOME > 体験記 > 生理痛体験記 No.01

生理痛体験記 No.01

生理痛 体験記 No.01

あやこさん 32歳 販売員 ずっと痛み止めで、ガマンしていた生理痛。調べてもらったら卵巣が腫れていたんです。
マイツキラクダ

今日は、あやこさんが生理痛についての体験を
話してくれるんダ。
よろしくお願いします。
まず、生理痛はどんな感じだったの?

あやこさん

通勤途中でガマンできずに電車を降りたり欠勤したりと、
仕事にも支障をきたすほどでした。

大学生の頃から痛み止めを飲むようになり、
それがだんだんとひどくなって、24~25歳の頃には、
薬局で「一番強い薬をください」って買っていましたが、
徐々に飲んでも効かないようになってきました。
生理の時だけでなく生理の前後含めて10日間は
痛み止めが手放せず、出血も多かったため、
販売員としての立ち仕事がつらくて、転職を考えるほどでした。
その頃は、生理が始まる前に痛みの前兆があって、
きちゃったらもう痛くて大変、って状態でした。
そのうえ、生理が終わった後も、うずく感じがあって
痛かったんです。もう、うんざりする気持ちでした。
相談もしにくい内容だし、せっかく相談しても
会社の男性の理解が得られなかったのもつらかったです。

マイツキラクダ

それで、病院で受診してみたんだね。どうだった?

あやこさん

痛みの原因がわかって、「痛くて当たり前なんだ」と
思うだけで安心できました。

実は、病院へ行くことにかなり悩みました。
とくに内診には抵抗がありましたので。
でも、身近な友人から評判のよい婦人科の病院を
教えてもらって、ついに行くことに決めました。
行くって決められなくてウジウジしてた分、
行くぞって決めたら前向きに行けました。
通院をはじめた頃は子宮に腫れはあったものの、
まずは定期的に検査をしながら様子を見ることになりましたが、
しばらくたった頃、これまでにない激しい痛みを急に感じるようになり、
夜中に吐いてしまうほどでした。
すぐに病院で検査したところ、
卵巣が子宮と癒着するぐらいの大きさまで、
腫れ上がってしまっていたんです。
先生からは、「これは痛くて当たり前。つらいでしょう。」と
言ってもらえました。
重い病気が隠れていたのはもちろんショックでしたが、
原因がちゃんとわかって、『だからこんなに痛かったんだ』と
納得し、とても安心できました。

マイツキラクダ

なるほどなんダ。
受診後の経過はどうだったの?

あやこさん

薬で痛みだけでなく生理の周期もコントロールできて、
まさに「快適!」です。

手術をすることは嫌だったので、
先生に相談したところ、注射や飲み薬で治療していく方法も
あると言われ、そちらを選択しました。
選択した治療法が私には合っていたようで、
卵巣の腫れは小さくなり症状もおさまりました。
小さくなってからは、もっと軽いお薬でその状態が維持できています。
痛みはもちろんなく、そのうえ生理周期もきちんとなったので、
旅行などの計画も立てやすくなったし、
一言で言って「快適!」という感じです。

マイツキラクダ

当時を振り返ってみて、どんなふうに感じてる?

あやこさん

『もっと早くに治療を受けていれば、
もっと早くにラクになれた』と思います。

当時は病院や治療法についての情報がまだまだ少なく、
受診の抵抗感もあったので、ガマンするほうがいいと
思っていて、病院に行くことが遅れました。
薬で治す方法があることを知っていれば、
もっと早く病院に行っていたと思います。
「生理痛がつらい人はたくさんいるからガマンしよう」とか、
「自分はそういう体質だから仕方のないことなんだ」などと
思わずに、痛みがガマンできなかったり、
少なくとも生理が以前よりつらくなってきたと感じたら
何かあるサインかもしれないので、一度、病院へ行くことを
お勧めしたいです。
最初は受診を怖く感じてしまうかもしれないけど、
それよりも「行ったら今よりラクになるかも」と
前向きにとらえてみてほしいと思います。

マイツキラクダ

今日は、貴重な体験を話してくれて、
どうもありがとう。
勇気が出た人きっといると思うんダ。

No.04
みほさん(28歳 歯科助手)「みんなとは違ったわたしの痛み」
No.03
まきこさん(32歳 営業)「生理痛がなくなり仕事効率アップです」
No.02
はるかさん(25歳 主婦)「自分のカラダを見直すきっかけに」
No.01
あやこさん(32歳 販売員)「吐くほどの痛みには、原因が!」
※文章中の個人名はすべて仮名です。